記事の詳細

クオリアートは美を創造する芸術家のひたむきな努力を応援するために、芸術家のプロモーションに役立つ特別に希少性の高い作品発表の舞台を提供しています。

クオリアートとは、感覚質を示す言語「Qualia(クオリア)」と、さまざまな表現からうまれる「Art(アート)」を掛け合わせた造語。今後枠組みを越えて、より多方面で人々を刺激して、事業を展開してゆくビジョンを社名に込めたそうです。
クオリアートのロゴのカラーですが、メインカラーには藍色や瑠璃色をはじめ、日本人に馴染み深い青の伝統色を配し、日本からワールド・ワイドに多彩な事業を発信していくクオリアートのコンセプトを表しています。ロゴの形は、文字が形作っているのは地球です。母なる地球のイメージには、自然に対する畏敬や平和への願いが込められていると、クオリアートはおっしゃっています。

現代社会における芸術の可能性を模索しながら、全てのアーティストを支援し、よりよい活動環境を提案すると共に、分解社会の向上、発展に向け全力を注ぐことが、クオリアートの目標です。

クオリアートは東京の神田に創業して以来、「芸術家のプロモーションに役立つ特別に希少性の高い作品発表の舞台」を提供してきて、2008年11月に銀座に移転、さらに銀座に画廊をオープンさせました。
なぜ銀座に移転したのか。日本の技術・文化の発信地である銀座は、芸術家のみなさんが立ち寄りやすい場所です。そのためにも、クオリアートは銀座に設立する必要があったといいます。
クオリアートが銀座に移転したことによって、芸術に関する情報の入手や新たなネットワークの幅が格段に広がっていきました。これまでに培ってきたネットワークやノウハウを、さらに多くのみなさまの創作活動に活用していただきたい、そして美術展覧会や書籍などで得た反響や実績を、一時のものとして終わらせてしまうようなことがなく、次のステップに繋げていけるようにしています。

みなさまにいつも最新の情報を提供することができ、何よりも美術情報発信地として、プロモーション効果が大きく期待できるのです。クオリアートは芸術家のみなさまの多様化するニーズ、意見を真撃に捉え応えていく姿勢を改めて見直し、芸術家のみなさまがそれぞれに描く目的や理想の世界を実現するためのサービスを始めました。

クオリアートは芸術家のプロモーションをしつつ、買い手や観る人にも楽しんでもらえるよう、双方にメリットがあるように活動しているのです。

この世にアーティストはたくさん存在します。
その中でどれくらいの人が作品を発表する機会を持つことが出来るのでしょうか?そういった多くのアーティストに発表と活躍の場を提供しているのが株式会社クオリアートという企業です。

アーティストのプロモーションを行っており、多くの発表の場を提供してくれているのです。
今まで披露する機会がなかったアーテストでも発表の場を設け、その後のアフターフォローも行ってくれるので安心し次のステップへと繋げていけるんだそうです。

芸術の発信地である銀座に本社を置いている為、芸術に関する情報がいち早くキャッチする事が可能となりました。
個人ではやれる事が限られている為、クオリアートはこの様なネットワークとノウハウを生かし多くのアーティストの方々の創作活動のサポートを行っていけるのです。

クオリアートでは、女性芸術家の活動を支援する「MINERVA」という美術展覧会を開催しています。
2005年より毎年開催されており、テーマに沿った作品を展示しています。女性らしく繊細で柔らかな作品が好評で2013年にはヴェネツィアでの開催もされています。
また、平和への思いが込められた「国際平和美術展」も世界各地で開催されています。
芸術を通じ平和の大切さを絶えることなく伝えていきたいといった意味を込めた展覧会となっています。

多くのアーティストにも参加をしてほしいとクオリアートは考えています。
ひたむきに努力をする芸術家をクオリアートは応援しています。

株式会社クオリアート
http://www.qualiart.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る